スピリットロミロミ講座のご感想⑯


スピリットロミロミ講座のご感想を頂きました。

ガガーリンとその他のビューティフルな日常さんの ブログより



昨日、今日とスピリットロミロミの講座でした。
12月から2日間づつ受け、今日で6日目。
ようやく、なんとか光が差してきました。
先月は自分の小ささに打ちのめされ、
半泣きで帰ってきたけれど
人生もドンドン変わってますので。
どんなに周りに良いことを言ってもらっても
自分でその手応えを感じられるまでは
なんとも、なんとも。
クライアントのために
となるとわたくしはダメなのです。
軸は常に自分になければ。
クライアントの身体を感じるのは自分。
それを手がかりに動くのも自分 (宇宙)。
結果、クライアントのためになるわけですから
同じことではあるのですが。
これは私の、言葉からの感じ方によるものです。
相手のことだけ考えて自分を捨てる
と師匠は言いますが
わたしにとっては同義なのです。
わたしは自分ありきです。
自分の本質に繋がればエゴは引っ込みます。
まあ、そん感じで2日間、全力でいきました。
手を抜くとすぐバレるのがスピリットロミロミ。
師匠原田みきさんは、離れても決して見逃さない。
一度触れた部分は、かならず変化している。
どんな一瞬も変化を起こす。
点描画も同じ。
たったひとつのは点は人生の一瞬。
積み重なって振り返れば壮大な叙事詩となる。
なんとなく、テキトーな一瞬など存在しない。


ガガーリンさま

スピロミを全力でたくさん感じてもらえてうれしいです。
「私の先生には触れてる自分を感じなさい。」と教えられ「自分を感じる」をしてきました。

「自分を捨てて相手を感じる」

「相手を感じる自分を感じる」


「自分を捨てて」相手を感じようとしても

自分はいつもそこにいるので


表現は違うけどきっと答えは同じですね。


共に一瞬一瞬を共に大切にしましょうね。


好きな解釈でどんどん気づいてもらえたら嬉しいです。
すてきな気づきありがとう。
これからもよろしくお願いします。

みき

相手に触れて「いまここにる自分」を知らない間に感じていることもあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)