あるがまま


あるがままの私であるために


最近たくさん背負ってた荷物を手放した。



だいたい長年自分が背負って来たものって、


だいたい小さい頃からの当たり前のように持っている。


普通に責任だったり、


恥という概念だったり、


社会に対する怒りだったり、


自分に対するコンプレックスだったり。




気がつけばいろんなものを持ってる。


もう何にもないよ。って思うことも自由。


まだまだ私持ってるから手放さなきゃって思うことも自由。


どちらが正しくてどちらが間違いでもない。


でも荷物は軽い方が楽だなぁって最近思う。


自分にも人にも嘘が無いことが私は一番楽だなぁって思う。



これがきっと私のあるがまま。



でも荷物を持ってることもいけないわけでもないなぁって思う。


だって生きていく上で必要だったからその荷物を持ったのだと思う。


いいも悪いもなくて。



ただもう必要ないのにもってるものもあるかもしれない。


手放さなきゃいけないと思っても思っても動かないときもあるし。


手放すって決めたらあっという間になくなるときもある。


あっけないぐらい。




嘘なんかつくつもり無いけど


いつのまにか頑張ってると自分に嘘をついて無理をしてる私もいる。


じゃぁそんな頑張ってる私が嫌いかというと


そんな頑張ってる自分が大好きだから


ほかの人に大丈夫??ってきかれてもめっちゃ頑張れたりする。



ただ頑張る私が大好きなのだ。


ただそれだけ。


頑張ってる私も頑張ってないときの私もそのまんまでいい。


それが一番あるがままなんだろうなぁ。


誰のためでもなく自分が好きな人生を送っているなぁってホントに思う。




だから明日死んでも後悔しない。




自己開示実は書ききったけど・・・。


まだ公開するのが怖い私。


公開したい私と公開したくない私。


どっちもいます。



どっちも普通だよなぁって思う。


でも書ききってすごく楽になってる私がいて何となく身体が軽い。



だからどちらかに決めなくてもそのまんまでいいんだと思う。



そして書き尽くして過去を整理する以外に


いろんな事に気づきがあった。


それもたくさんの収穫だなぁて思う。


自己満足だけどいろんな事をブログに書ける気がする。



限り無い可能性についても


限り無い可能性を伝えるのがこの前まで私の使命なんて思ってたけど・・・。



そんな使命自分で思っただけだし。



これも私が勝手に持っていた荷物かもしれない。



みんなに限りない可能性があることはとても当たり前。



よく考えると当たり前で普通のこと。



いろんな素晴らしい事が当たり前で普通だといつも思えるようになったらいいなぁって思う。


すべての出来事が奇跡のような特別な出来事。


特別だけど普通。


普通だけど特別。


同じ意味。





毎日が素晴らしく美しい奇跡。


そう思えることに毎日毎日感謝できる幸せ。


感謝することが当たり前の毎日。


一瞬に一生をかけるとそんな日々が送れる気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)