石垣島体験記③娘とケンカ

毎日沖縄で自然を満喫していますが、
昨日は娘とケンカしました。
上の娘は部活があるからと先に帰り、今は下の娘と二人きりです。

毎日綺麗な海と空と緑に囲まれて幸せな私ですが、
中学2年生の娘には、
毎日どこにいっても海
そして暑くて
つまらなかったみたいです。

星をみようと言っても

「星は毎日同じだから興味ない」

と言われ、

一番好きなことは、

「買い物。」の娘には、

最初は楽しい沖縄も週間は少し退屈なようでした。

自然がこんなに好きだと思うようになったのは、
私も大人になってからだなぁ。

昔は
「泳げないから海も嫌い」って言ってた自分を思い出しながら

自分が美しいと思うものを見せて
同じように楽しませたい。

そんな思いも傲慢だったなぁ。
そう思いながら

何とか楽しくしたいなぁと思ってたんけど

娘の限界がきて喧嘩になりました。

実は当初2週間お世話になる予定だったところが
2週間ほど前の台風で屋根が剥がれてしまい
私の滞在期間中にずっと屋根の工事
泊まるのには問題ないけどお昼はやっぱり音がひどいからということで
出る数日前に宿を取り直すことに。

でいろいろ検索した結果、

西表島のリゾートホテルを楽しみたくなったり

宮古島の友達にあったり海に行きたくなったりで

予定がハードになったんです。

で最後の一週間は、いろいろ考えたのだけど

予定通りの宿泊先へ。

中は本当に素敵な空間なのだけど
屋根の工事は朝8時から始まり夜6時までは工事で
お部屋に工事中黒い粉は落ちてくるし
ということで

お部屋でゆっくりという選択ができずまた外に出ることに
毎日暑いし遊ぶのも体力いるから
娘にも疲れが出てるようでした。

そして今回の旅は娘にとってもデトックスの旅。
普段の生活で我慢してること。

私に普段言ってなかったこと
本音でぶつかる旅となりました。

で昨日は喧嘩して
もうお姉ちゃんと一緒に帰れば良かったって言い出して。

もう最悪な感じ。

本気で喧嘩して

嫌なら一人で帰っていいよ!!

ぐらいな勢いだったのですが

その喧嘩のあと

大きく流れは変わりました。

疲れたから寝るって言って1時間ほど寝たら

海に一緒に行くって言うんです。

シュノーケリングもぜずに
ただただ海で泳いだだけだったのですが

二人で海で遊びながらいろんな話が不思議とたくさんできました。
娘の今の恋の話に
私の離婚したときの話
ホントにいろいろ。

娘が言うには、
離婚の時なぜ、私について来たかって?

おねえちゃんと離れたくなかったから
だったそうです。

おじいちゃんやおばあちゃん、
ひいおばあちゃんにとても愛され育ってきた娘。
生まれ育った家と
大好きな家族と離れることはとてもつらく
どうしていいか分からない

それが正直な気持ちだったんだろうなぁ。

家族全員の前でひいおばあちゃんに

「この家とママとどっちがいいの」って聞かれて

そんな状況の中
「ママがいい」とついて来てくれた二人。

姉妹愛に救われた私でした。

上の娘が
「みんなのこと思うと小さな声でしかママがいいって言えなくてごめんね」

泣きながら言ってくれたことは今でも忘れません。

こんな優しい娘にこんな決断をさせてまで決めた離婚。

旦那さんの借金とか
たくさんの嘘のなか
子供達を本気で守って生きていくために
離婚したことは

全く後悔無い

と今でも思っているし
今とても幸せだけど。

あの時娘二人が私について来てくれなかったら
きっと私の人生は全然違ってただろうなぁ。

子供達が一緒に来てくれたことに改めて

「ありがとう」を言いながら

ほんとにいろんな話をしたのでした。

今の恋の話もして

恋ばなで盛り上がる

すてきな親子の時間になりました。

今日は二人で仲良く
トントン工事の音がする部屋の中で
一緒に宿題をしてました。

自然溢れる石垣島で
ゆっくりまったりも良いけど

工事中の音も
二人で笑いのネタにしながら

一緒に過ごす時間・・・。

きれいな景色も大好きだけど

お互い本音で言い合い

心から笑える時間となりました。

親子げんかも仲良くなるためには必要ですね。

買い物だけが楽しいと言ってた娘も

今日は宿題たくさんできたから

「明日はいっぱい海に行こう。」と笑顔です。

石垣島の自然の美しさを明日も二人で心から楽しみたいと思います。

$原田みきのセドナ覚醒ヒーリング-image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)