お母さん生んでくれてありがとう

1月16日私の誕生日でした。
たくさんのお祝いのメッセージやプレゼントと頂きほんとうに充実したお誕生日となりました。
皆様ほんとにありがとうございました。

そして誕生日朝一番に私にお祝いのメールをくれた人は
私の母でした。

いつもは朝起きて一番におめでとう。って言ってくれる母。
今年は家にいなかったから

メールで一番に「おめでとう」と言ってくれました。
そしてお祝いは帰ってからね。っと
短い文面にたくさんの愛を感じました。
ほんとに嬉しかったっです。

ほんとに何歳になっても
母は母なんだなぁと・・・。
改めて感謝でいっぱいです。

「お母さん、生んでくれてありがとう。
お母さんが生んでくれたお陰で私、素敵な人生をおくれています。
ほんとにありがとう。」

私が送るメールも短いけれど
心を込めて送りました。

私がいつも母に言ってることがあります。

「お母さん、私明日死んでも後悔ないわぁ。
ほんとに楽しい幸せな人生を生きてる」

すると母は、必ず

「そうだろうなぁ。
明日死んでもきっとあんたは後悔せんわ!!」

そう笑っていってくれます。

「はい、お母さんのお陰です」

本当に幸せで満たされていて
明日死んでも後悔ないなぁ。そう思うのです。

そんな話も真剣にありがとうと伝えたいけれど
照れ隠しでついつい笑いながらしてしまう私
真剣には伝えたことなかったかもしれない。

今日はメールだったんで逆に
笑わずに心を込めて言葉にできた気がします。

父が57歳で死んだとき、
母も私も妹も
「お父さんは好きなことするだけしたから、きっと後悔ない人生だよね」
泣きながらでも、言いきる事ができました。

それまで父の生き方に反発して生きてきた私でしたが
そのときやっと父の人生を受け入れることができた気がします。

そして

「お母さんは、お父さんに好きなことをさせてあげて幸せなんだなぁ。」

と父の生き方だけでなく
あんなわがままな父と結婚した母の人生も
とても幸せなものなのだと
子供の頃にはわからなかった夫婦の愛の形が分かったような気がします。

「自分の人生が短くなったとしても、

自分の好きなことをやりつくせるならそれでいい」

そんな生き方を貫いたわがままな父

そんな大嫌いだった父とそっくりな自分自身も

最近は愛することができるようになりました。

私が生まれた日はギバウスムーン(もうすぐ満月になる豊穣の月)でした。
そんなギバウスムーンに生まれた人は
満月に向かって後少しって
足りないものを埋めようとして
頑張って向上心が強い人が多いそうです。
後少し後少しって
満月に向かって常に頑張ってる感じ・・・。
なんかねずっと前に読んだんだけど
当たってるって思ってました。

でもね、今年の誕生日は満月・・・。

ずっと満月を追いかけてきたけれど
あるがままで生まれた時から愛され
もう十分満たされてるんだよ。

そう気づかせてくれるような特別な誕生日となりました。

人は生まれてから皆

死の方向に向かって行きています。

その間に、

人に触れられ
人の温もりを感じ
愛され時を刻んでいく。
生まれてから
本当にたくさん愛されてきました。

 愛されてる分

これからも人を愛して、
温もりを心と体に刻みながら
後悔のないように生きていきます。
お母さん、生んでくれてありがとう。
{4C67F134-F1F9-4E22-A0A5-316F57C947C1:01}

2件のコメント

  1. おめでとうございます(^∇^)
    みきさんのお母様とも、面識がありますが、よく気の付く丁寧な人ですよね。
    女性として尊敬するところがあります。
    新しい1年、どうぞ、ますます輝いて素晴らしい人生となりますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)