癌について思うこと

私の母は、2度乳がんになりましたが、今とっても元気です。
母の選択は手術と放射線治療。

私は、こんな仕事をしていますから、食事療法やヒーリングをすすめましたが、母の選択はお医者さんに任せるでした。

いろんな葛藤や苛立ちもありましたが、母の人生は母にしか決められないと母の選択にできるだけの寄り添うことに決めました。

そして、私の愛する人も
出会った時は、食道癌の告知を受けていました。
彼の選択は、手術など病院での治療は一切受けないという選択。

彼のブログにいろいろと書いてありますが、家族からの反対もあり、いろいろ葛藤のある中の選択

自分の身体の声を聞き
自分の身体の治癒力を信じる
彼の強さに、私は惹かれました。

そして、自分の身体の細胞が作った病気だから自分の力で身体を絶対治せるを笑って言う彼を絶対信頼し
出会って間のない私達でしたが
運命的な出会いを感じ結婚する事にしました。

母の選択も彼の選択も
どちらも正しいのだと思っています。

自分の人生の責任は
自分でしかとれませんから。

ただ家族として
愛を持って
生きる力を信じ
寄り添い共に生きていきたいと。

私が母を受容したからなのか
私の母も不思議と一切心配も口出しもせずに、結婚も彼の選択を疑う事なく受け入れてくれています。

テレビを見れば
癌と闘う情報
早期発見のための検査のすすめ
ネットを見れば
抗がん剤治療はいけないとか
乳製品はいけないとか
検査が癌の原因だとか

情報過多の時代、
いろんな情報が飛び交い
知れば知るほど怖くなる。
何が一番正しいのか本当に分からなくなりますね。

結局自分が何を信頼するのか?
でしか答えはないのだと思います。

私は、
ヒーリングを教える仕事の中で
ヒーリングの概念で
一番大切なことは、
絶対の信頼だと思っています。
相手を変えようとせず
治そうとせず
ただ互いに愛である事を信頼し
肉体の知性を信頼し
生きる力を信頼し
宇宙の采配を信頼すること。
全ては、信頼。

だけど、自分で自分を信頼することがどれだけ難しいことかを
私自身教えながらよく知っていました。

彼と出会い
彼の強さから
自分自身を絶対信頼するとは
どういう事かを知りました。

彼に出会う前
私は神様にたくさんお願いをしていました。
いろんな神社にお参りさせて頂きながら
毎回必ずお願いすることは、
「神様の喜ぶお仕事をさせて下さい」でした。
神様が喜ぶ仕事なら、自分も人も喜ぶと思ったから。

ずうっとそうお願いしていて
5月にはじめて
「共に愛の次元上昇できるパートナーと出逢わせてください。
そして、ふたりで神様の喜ぶ仕事をさせて下さい。」
とお願いし5月に彼と出会いました。
だからきっと、ヒーリングを伝えている私と、自分の治癒力を信じる強さを持つ彼が出会ったことはきっと意味があり、
愛の根源と繋がり
丸ごと受容することができれば
どんな選択をしても
「がん」と闘うことなく
愛に生きる事ができる。
「がん」をきっかけに私達は愛を学んでいるのだと思います。
全ては、愛を学ぶためのものですね。

こんなに真面目に書きましたが、
私達ふたりのパートナーシップは
ふわふわ楽しい柔らかな感覚です。
ふわふわ楽しい愛について
お伝えしていけたらと思います。